株初心者が稼ぐためには

株で儲ける

株で儲けるのなら、あなたはこの5つのコツを知って損はないですよ!
MENU

株初心者が稼ぐためには

地場証券会社に加えて、ネット証券会社が増え続けている昨今ですが、
こちらの最大のメリットはインターネットでの注文についての成約手数料が
非常に安いというところです。

 

また、絶対にネットで注文をせずとも電話注文を受け付けているところもありますが
これは、通常の証券会社と手数料も変わらない事から
特にネット証券にこだわる必要はございません。

 

株初心者が稼ごうと思えば、それもコンスタンスに稼ごうと思えば、
まずは基礎を知らなければなりません。

 

たくさんの取引ツールがありますが、
基礎が分かっていなければどの株を購入したほうが良いのか、
その指標となるPER、PBR、チャートの読み方などを
まずは知識として盛っておきたいところです。

 

 

では、どういったところでそういった知識を身につけるかという話になってきますが、
これは地場証券の平日のセミナー等に参加するのが一番手っ取り早いです。

 

講師とまでは言いませんが、証券会社が外部から講師を呼んでいる場合もありますし、
自社のアナリストが説明するケースもありますが、
日本株のおおよその展望、ねらい目等を90分程度のコースで無料で教えてくれます。

 

平日開催がほとんどですが、
本気で稼ごうと思うなら一度は顔を出してみるべきだと思います。

 

次に株に関する書籍を数冊は読むことです。
セミナーと本を読む順番はどちらでも良いですが、この2点をクリアし、
その後、ネット証券のツールの類を見てみると、成り立ちが良く分かり、
初心者の方にでも入りやすいツールであることが実感して頂けることと思います。

 

もうひとつ大切なことですが、稼ぐ人がいつ反面、
損をすることも当然視野に入れて投資に参加しなければなりませんが、
得をしているときはよいですが、損をしたときにいつ手放すか、
いわゆる損切をして損失を確定させるかがおそらく一番難しいところです。

 

ここで、株投資に向いているかどうかのメンタルが試されます。

 

また、どうメンタルをコントロールするかに勝敗の大部分がかかっています。
そこで、ネット証券にたくさんあるツールを利用することが
ひとつのコントロールの手助けをしてくれることがあります。

 

完全に自分の意思を反映しないシステムトレードもありますし、
ある程度の利益、損失が確定した段階で未練を残さずに
売買の注文をあらかじめ出しておくシステムツールが株初心者のうちから使えれば
ネット証券でも十分に勝負していくことが可能です。

 

取引間隔により、デイトレードから長期トレードまでありますが、
初心者のうちはある程度の時間をかけ一日の動きに一喜一憂するスタイルではなく
2週間程度の間隔で判断するスタイルが長い目で稼ぐ為には必要です。

 

 

株式投資を行なう場合は、いくら値動きが大きく動くからといっても、少ない出来高の小型株式に資金を入れる事はベストとは言えません。 それは、普段から出来高が多くない株式は購入した銘柄を売却したい値で売れないからです。 株を所持している場合、自らの資金への利回りを意識するんじゃないかと思っております。銀行に預けるとしてもあまり利息がつかない現在では、投資信託や定期預金、国債や債券に比べ、利回りというものがよくなくては何のために投資しているのかわかりません。 きっちりと利回りを意識しながら投資を行なうのが重要です。失敗しないで株投資をする方法などという記事や本をけっこう見かけます。それでも、100パーセント失敗しないということなんてありません。 でも、しっかり勉強して、ルールを決めた上で投資すれば、成功する事もあるのが株というものです。失敗を恐がったり、一度の失敗で諦めないで学んだ先に、株の楽しさが待っていると思えるのです。 私は関心のある会社の株を保持しています。 配当が年に一回出るのですが、配当で出たお金だけではなくて優待でイロイロなものがもらえるのが嬉しいです。 特に好きな会社からもらえると、もっともっと頑張って欲しいなアト思います。 株を売買するには、現物株の他にもいろいろな投資方法があります。その中にはオプションがあります。 オプションといったものには買う権利のコールと売る権利であるプットがあって、めいめいに売買でき、これら四つのパターンの組み合わせ方によって、自在に投資戦法が組めるようになったデリバディブ投資です。ものすごく魅力のある投資法ですが、十分な知識が必要となってきます。 株投資をするサラリーマンは職場で勤務している時は相場をチェックする事はできないので、基本的にはデイトレードのようなものは無理です。なので、多くのサラリーマン投資家立ちというのは決算書というものを読み込んで、割安の株を見つけ、投資しているらしいです。一発集中の投資を行なう方には不必要かと思っておりますが、株や債権、海外投資など色々な投資をする際にはポートフォリオに着眼して投資の是非を決断すべきです。最重要な投資のポイントはリスク分散型の投資スタイルですからバランスの良い投資がポートフォリオでできているのか、まめに確認作業をする事が大事です。 ナカナカ賃金は上がらないのに、物価を上げようと政府は躍起になっています。物価が高くなれば企業の収益もアップし、株価上昇にもなります。銀行に眠っている余剰資金がもしあれば、株式投資を始めるなどすると良いです。株のやり方は簡単です。口座を証券会社に作ればよいだけなのです。最近では、ネット証券なんかもあるでしょうから、取引自体もスムーズにできます。 株に投資する事において、時間が取れるということは重大な要素です。日本最大の市場である東京証券取引所が開いている時間は開始はAM9時、しゅうりょうは午後3時までですので、より良い値段で株を売り買いするためにはこの間に時間を取れることが望ましいのです。この点でいうと、主婦の方は、未熟者であっても有利な立場で株式への投資が可能と言えるでしょう。 株の初心者の不得意とする事は、ずばり損切りというものです。ついつい上がると思ってしまい、手放さないパターンが多いです。 または、損はいやだと思って、さらに損失を膨らませる場合があります。 絶対とか100%ということはありえないので、損失を最小限にするという事も株投資においては、とても大事な事です。株取引では株式チャートを参考に売買について判断するやりかたがあります。 そして、その内1つが押し目買いと、一般的にいわれている手法なのです。株価が移動平均線と接する部分をその株の底値だと考え、その底値の近似値の状態で購入するというのが押し目買いといわれる手法です。 これまでの経験をふまえて、今後、株価の上昇が期待できるポイントだといえます。 株式の売買には損失の可能性があります。 ですので、株の経験がない場合は、資産運用は投資信託から始めてみるのも安全な方法だと言えます。 投資信託は投資の専門家が有利な投資先に広範囲に分けて資金を投入するので、安全性が高い初心者向きの運用法のひとつになります。


このページの先頭へ