証券会社選び

株で儲ける

株で儲けるのなら、あなたはこの5つのコツを知って損はないですよ!
MENU

証券会社選び

 

 

株投資を始めるための最初のポイント、
まずは証券会社にて売買するための自分の口座を開きます。

 

しかし、初めてという場合はどこを選んで良いのかわからないということも多いものです。

 

 

そこで、初めての場合には
手数料も安く使いやすいネット証券で開設するところから始めてみると良いでしょう。

 

もちろん、ネット証券も証券会社によって特色というのが変わってきますから、
細かなところで色々違いがありますが、おおまかにはほぼ同じです。

 

ネット証券の特徴としては、
店頭の証券会社と比較をして、どこを選んでも手数料はかなり割安となります。
なので、初めての場合にはかなり手軽に利用をしやすいものとなっています。

 

 

ネット証券の開設をすることを決めたら、
今度は手数料や情報提供などの細かい部分で比較をして開設をする証券会社を選ぶと
あとあとで取引しやすい場所を見つけることができます。

 

 

ネット証券の手数料というのはどこも平均すると同じぐらいですが、
少額の取引に強いところもあればある程度大きなお金を動かす時に有利なところもありますから、
どのような形で株投資を行っていくのか
ということをはっきりさせて証券会社を選ぶと選びやすくなります。

 

 

また、証券会社の口座を作るのにお金はかからないので
最初から使い分けるつもりで少額投資とある程度大きなお金を動かす取引を目的とした口座、
短期用と長期用といった形で使い分けてみるのも便利です。

 

手数料を比較して決めきれな場合には、
サービス内容の比較などをして決めるというのもネット証券選びには重要なポイントとなり、
使いやすいツールが揃っているのか、
サポートは万全なのかといった部分も比較をして選んでみるのも良いでしょう。

 

証券会社選びというのは使いやすさによっても、
収支に関わってくる部分なので開設をするときにはある程度よく考えてから選ぶことが大切です。

 

 

株投資で失敗しない方法などといった記事や本を頻繁に見かけます。しかし、絶対に失敗しないことなんてありません。 でも、しっかり勉強して、ルールを考えて投資するなら、成功することもあるのが株というものです。 失敗することを恐れたり、一度の失敗で諦めないで学んだところに、株の楽しみが待っていると思えるのです。 株の初心者が最初から難易度のある売買をすることは避けた方が良いのです。 たとえば、株では空売りして利益を得る手段があります。空売りというのは、売りから始める信用取引です。 空売りだったら株価が下落した際にも利益となります。ただ、危険性もあるため、空売りは株の売買が十分つかめてから始めるべきだといえます。ナカナカ賃金は上がらないのに、政府は物価を上げようと躍起になっているように思います。 物価の方が上がれば企業の収益力も上がることになり、株価上昇にもつながります。 銀行等に余剰資金が眠っていれば、株式投資を始めるなどすると良いです。 株のやり方は簡単です。 証券会社に口座を作ってみればよいのです。現在はインターネット証券なんかもありますから、取引自体もスムーズにできるはずです。ご存じだという前提ですが、株取引には現物取引と信用取引がございます。 やはり初心者には危険性の高い信用取引はお勧めしません。 あなたの資金の範囲で投資できる現物取引がエラーなくお勧めです。入金した以上に損する可能性がないんですから。 また、株主優待を目的としてじっくり株をもちつづけるのも一つの投資方法ではないでしょうか。 株売買には現物株の他にも多彩な投資方法があります。オプションもそんな中の一つなのです。これは買う権利のコールと売る権利であるプットがあって、各それぞれに売買ができ、これら4つの組み合わせによって、自由自在に投資の戦法が組めるデリバディブ投資なのです。 かなり魅力のある投資の方法ではありますが、十分な知識が必要となってきます。 株投資の初心者に是非とも記憶して欲しい言葉にキャピタルゲイン及びインカムゲインがあります株で利益を得るにはこの二つのワードをおぼえておいて頂戴。 キャピタルゲインは株式売買で生まれる差益というものです。例をあげると、1万円で買った株式を2万円で売り抜ければ、1万円のプラス分がキャピタルゲインとなるのです。 株取引では株式チャートを参考に売買について判断する手法があります。 その中のひとつの方法が、押し目買いといわれている手法です。株式チャートの値において、株価が移動平均線と接する数値を底値とし、その底値近くの数字で、株を購入するというのが押し目買いというやりかたです。これまでの実績や経験的に、今後、株価の上昇が期待できるポイントだといえます。 株式投資をおこなう機会には、単元の株ではなく、ミニ株に投資する手段も有りえます。単元株では投資金が高すぎて購入できない株式を入手したい時には、ミニ株でいくらかずつ購入する方法によっていっぺんに大金を用意しなくても欲しい銘柄を買うことができるはずです。株投資について書かれた本を何冊も読んで調べた上で、株のビギナーが投資をする場合、スイングトレードと命名された投資法を採り入れる人も多いことでしょう。スイングトレードは条件が良ければ大きく儲けることができるので、とても評判の良い投資方法です。 当然、いつでも儲かる所以ではありませんから、マイナスになってしまうこともあります。円安の意味とは、円の価値が他国の通貨よりも相対的に下落していることなのです。 円安になりましたら株が上がりやすくなっています。 輸入産業では、輸入コストがかさんでしまって収益減となりますが、逆にいえば、輸出企業の業績は上昇します。自動車や機械などの日本が海(夏といえば、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)外に向けて売る商品が売れやすくなり、その結果、業績が向上して、株価の上昇につながるのです。上昇や下落の大きさを時間ごとに確認するものとしてチャートを活用している投資家はたくさんいます。 例えていうと、大幅に上髭がついている場合、株のローソク足はこれから下降に転じるのではないかと見て取ることができるはずですし、ローソク足は、いつ売買したら良いかを判断するのに役立ちます。 株の初心者が不得手にしがちなのは、ずばり損切りなのです。 ついつい上がると信じ、手放さない事がすさまじくあるのです。または、損をしたくないと思い、さらに損失を膨らませるケースがあるのです。絶対とか100%と言うことなどないので、損失を最小限で済ませる事も株投資においてはとても重要な事です。株を持っている場合、資金に対しての利回りを意識するのではと思います。 銀行に預けるとしても大して利息がつくことのない現在では、債券や定期預金、国債や投資信託にくらべ、利回りというものがよくなくては投資の意味がまったくありません。しっかりと利回りを意識しつつ投資をしていくのが重要なのです。


このページの先頭へ