株式投資の始め方

株で儲ける

株で儲けるのなら、あなたはこの5つのコツを知って損はないですよ!
MENU

株式投資の始め方

株投資を始めようと思っているのであれば、
まずは証券会社の口座を開設するところからスタートをする必要があります。

 

株の売買の注文は証券会社を通して行われますから、
何をするにしてもまずは証券会社の口座を開設しなければ話にはならず、
ここが始め方の基本となります。

 

証券会社の口座を開設する場合、基本的にどこも無料で開設をすることができ
口座維持手数料といったものもかかりませんから、
一通り気になるところは全て開設をしてしまうというのも悪くはありません。

 

 

しかし、無駄に開設するだけでは管理も大変ですからサービスなどをよく比較をした上で、
利用をしやすそうなところをいくつか開設しておくと後から他の証券会社を利用してみたくなった時にも便利です。

 

 

口座が開設できればいよいよ実際に取引をすることになりますが、
取引をするためには開設した口座に入金をする必要があります。

 

入金の方法はネットバンクなどがあればそこから即時入金をすることができるケースも有り、
それ以外の方法としては入出金用のカードを発行してもらい、
コンビニなどのATMを利用して入金をすることになります。

 

入金が完了すればそこから売買をすることができるのですが、
覚えておきたい基本的な注文の方法として指し値成り行きがあります。

 

 

指し値というのは買い注文の場合、この値段以下なら欲しいという意志を示すもので
成り行きはいくらでもいいのでその時に買える値段で買いたいとする注文となります。

 

最初の内は成り行きで注文をすると、
かなり高値で掴まされてしまうこともあるので指し値から始めて見ましょう。

 

売り注文の場合にはこの逆で、指し値はこの金額以上で売りたい、
成り行きはいくらでもいいので売れる金額で売りたいという注文となります。

 

 

ここまで覚えておけば、後は簡単に取引ができるので
投資に興味がある人はまずやってみてはいかがでしょうか。

 

 

私の所持している株がここ最近、とくに上がり下がりが激しいので、下がるかもしれない株、儲かるかもしれない株を自分自身で判断し、売り買いをしたりしています。 時折失敗して、損になることもあるでしょうが、今のところとりあえずは、プラス収支になっています。 今のまま、プラスで売り抜けられたら嬉しいなと思っております。 皆そうじゃないかと思うのですが、私は株に着手したころ、ビギナーでチャートの読み方が、わかりませんでした。 今でも、完璧にわかるという所以ではないのですが、「たぶんこうだろう」といった見方があって、それなりに使えていると思っております。 とはいえ、現在でもたまにしくじってしまうこともあるでしょう。株式投資には細分化した方法があるのですが、その一つにスキャルピングがあります。株の購入から売却まで、スキャルピングは、数秒から数十秒の結構の短時間の間に済ませてしまう投資手段です。スキャルピングの利点は、株の保有期間をごくごく短く限定する事で、株価下落のリスクを最小限に保持できるということにあります。 投資の未経験者が株を始めたいと考えついたときは、なるべくリスクが少ない資産運用の方法を選ぶ必要があります。いきなり個別株を取引するよりも、初めのうちは投資信託などから運用した方がよいかもしれません。 また、少し理解できるようになってから実際に株式の取引を行なうとよいでしょう。 株の経験がない方だけでなく、株式投資をする方のだいたいは可能な限り手数料が格安なネット証券に口座を持つのがよいと思っております。 どうしてかというと、株式を売り買いする際の手数料が安い価格であれば株式投資の売買がとても状況に応じてできるからです。 株の収益は、株価の変動での利益と、配当によって、会社から支払われるお金という利益の二通りがあります。株価の変動を予測するのは難しいと思っているような初心者は、安定した株価の一定の配当を毎期支払う会社の株を買うことによって、配当で定期的な収入を獲得するのも良い投資方法の一つでしょう。 株のデイトレードの時短期間で大も受けができる人はエラーなくいます。デイトレードという方法は、手にした株を持越さないで当日のうちに手仕舞いしてしまうやり方なので、想定できないほどに株価が落ちることも少なく、リスク管理しやすいと思っております。 株式投資の未経験者にとってはよく分からないことだらけと認識されているのではないかと思います。どのような証券会社を使って資金を投資すればいいのかなど、尻込みしてしまう事が多いでしょう。誰しもが利益を得られると思って株投資をスタートする所以ですが、通算で利益を出せる人はわずかしかいないでしょう。 株に投資をしたならば、所得税の譲渡所得および配当所得などを計算した上で、確定申告が必要となってきます。それでも、特定口座を利用していたら、これら税務に関する計算は金融機関が代行してくれますし、確定申告が不要になることも多いです。そんな所以で、株投資者初心者の方にとてもお奨めです。私はこの間、株を始めたばかりの駆け出し者です。 株を購入して、ある程度利がでたら、ただちに売るべきなのか、反対に、長期保有した方が利益になるのか分からず、まだまだ悩んでいます。長期間、所持していたら、優待などもあるでしょうし、悩ましいポイントです。 株の初心者が最初から、難しい売買をするのは避けるべきです。たとえばの話、株では空売りして利益を得るやり方があります。 空売りとは売りから始めるという信用取引です。空売りなら株価が下落した際にも利益を得られるのです。ただ、危険性もあるため、空売りは株の売買に十分慣れてきてからするべきだといえます。 株式投資について書かれた書籍を何冊も読んで調べた上で、株式投資の初心者が投資を開始する場合、スイングトレードと呼ばれる投資方法を選ぶ人も大勢いるでしょう。スイングトレードは条件が良ければ大きく儲けることができるので、非常に人気がある株式の投資方法なのです。言うまでもないことですが、いつでも儲かる所以ではありませんから、損してしまうケースもあるでしょう。 株のビギナーから投資資金はいくらぐらいでスタートできるのかと聴かれれば、私は最低100万円程は用意しないと、株の投資を始めることは難しいと考えます。 その理由はこのくらいの元金があれば上場されている多数のジャンルの中から目についた投資先を選り抜くことができるからです。 円安の意味とは、円の価値が他国の通貨よりも相対的に下落する事をさします。一般的には円安の状態になると株が上がりやすくなっています。輸入産業の場合では、輸入コストが上昇してしまい収益減となりますが、逆にいえば、輸出企業の業績は上昇します。つまり、自動車や機械などの日本製の商品が売れやすくなり、業績が向上して、株価の上昇につながっていくのです。 株式投資は非常に魅力的な投資方法なのです。 でも、株の売り買いにはもろもろのリスクもあるでしょう。 株の大きな危うさとしては、値が下がる、流動的である、倒産するなどのリスクがあります。 株式投資は定期預金などとは違って、元本保証がありません。 株を始めたばかりの人は、リスクを十分に認識して注意深く投資を行なう必要があります。株式投資の分野では技術的指標を駆使して株の投資を行っている方々が大勢います。それにより、株投資の初心者もテクニカル指数については一通り本などで勉強してから株式の売買などをスタートした方が、勝つ割合が高くなると思っております。 初めて株をやる人は売るタイミングを逃してしまうことがあります。人間は皆、欲望がありますので、「もうちょっと高値になってから」なんて期待しているうちに、株が値下がりしてしまいます。 確定させて利益を出さなければ利益にはならないことを念頭にして自分なりの売り方を検討してみると上手い方法が見つかるかもしれません。 私は少し前に株を始めたばかりの初心者で、株投資ビギナー用の本を購入し、学んでいます。 参考になる本もあれば、「ん?こっちの本と書いてあることがちがうな?」と少し疑ってしまうような本もあったのですが、良い点も悪い点も全部を勉強していきたいです。


このページの先頭へ